刈谷リレーマラソン開催!!

リレーマラソン大会を開催します

昨年10月に開催をしたマラソン大会に引き続き、2021年11月にBEST style主催でリレーマラソン大会を計画しています。
感染症対策を各種盛り込みながら準備をしています。

日程

2021年11月23日(火祝)

場所

ウェーブスタジアム刈谷

種目

●リレーマラソン大会(4時間)
●こどもかけっこ教室(対象:年中~小学4年生)
リレーマラソンもかけっこ教室も普段なかなか走る事の出来ない『陸上競技場』で行います。
グランドや体育館では感じられない走りやすさを体感しに来てください。

定員

●リレーマラソン:20チーム
(3名から10名で1チーム)

●かけっこ教室:20名
(対象:年中から小学4年生前後まで)

参加者、運営のお手伝いを頂くボランティアスタッフ、ご協賛さんを頂ける企業様の募集を6月下旬から開始する予定です。
大会の詳細や要項、参加賞やご協賛の企業様、ゲストランナー様をこちらでご案内していきます。

●ランナーのモチベーションを向上させるため
●忘れかけた走る習慣を取り戻すため
●運動会の機会がなくなって寂しい思いをしているお子さんのため
●外の広いスペースで運動する機会が減ってしまった子供さんのため
に企画をしました。

1人でも多くの方にご参加頂けると実行委員一同嬉しく思います。

2021年6月5日(火)更新

 


【大会要項が仕上がりました】

2021年11月23日に開催する大会要項はこちらです。

2021年 刈谷リレーマラソン大会募集要項

参加のお申し込みは近日中に公開します。

2021年6月29日(火)更新


【エントリーはこちらから】

リレーマラソンのお申し込みはこちらから
https://best-style758.jp/2106kariyamarathonentory

6月30日(水)18時00分から上記の申し込みフォームが使用可能となります。
お申込みお待ちしております。


【締め切りを延長します】

参加枠に余裕があるため
締め切りを8月31日(火)まで延長
とします。
楽しくてワクワクできる大会に向けて準備中です。
たくさんのご参加をお待ちしております。

リレーマラソンのお申し込みはこちらから
https://best-style758.jp/2106kariyamarathonentory

2021年8月1日更新


【サイトオープンします!】
当大会オリジナルTシャツと、サポーター特典お申込み受付を始めます。
下記、PassMarket サイトからお申し込みください。
チーム代表ではなく、各個人でのお申込み&お支払いになります。
申し込み画面は画像のようになっており、とても簡単です!
注:大会オリジナルTシャツは、こちらで購入しないと手に入りません。
当日販売もなく、参加賞には含まれていませんのでご注意ください。
注:チャリティー3,000円で、
皆さんのTシャツの背中に名前が入ります。
ひらがな、漢字ではなくアルファベットでお願いします。
そして、オリジナルTシャツは、こちらです!
(印刷の都合上、少し線の太さが変わる可能性はあります)
今年は、男女人気のこのカラー!
背中に、ご協賛企業様のロゴや、サポーターの皆様の名前が入ります。
 
繰り返しますが、
当日販売はないので事前にご購入ください。
たくさんのお得満載チャリティー特典、体験してください。
 
2021年8月2日更新

【かけっこ教室を開催します】

リレーマラソン終了後には子供対象のかけっこ教室を開催します!
愛知県、岐阜県、静岡県の各地でご好評のBEST styleのかけっこ教室を受講が可能です。
『あたまとからだで走るコツを学ぶ』教室です。
走れる機会の少ない『陸上競技場』でかけっこ教室の開催です。
対象:年中から小学4年生
(年齢を問わず保護者同伴が必須です)
定員:20名
参加費:2,000円
(事前振り込み制となります。)
受付:14時30分
開始:15時45分
終了:16時30分
参加賞:オリジナルTシャツ
お申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/sfgen/S43596702/

2021年9月1日更新


【ゲストランナーのご紹介】

今回の大会もゲストランナー様にお越し頂き、大会を盛り上げて頂きます!

真辺健一


●成績
・第6回飛騨高山ウルトラマラソン:8時間17分21秒 年代別4位
・第5回白山白川郷ウルトラマラソン:7時間55分11秒 総合2位
・第7回白山白川郷ウルトラマラソン:8時間42分37秒 総合5位
・第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン118キロの部:9時間49分46秒 総合5位
100㎞マラソン自己ベスト:7時間51分51秒(四万十ウルトラマラソン)
フルマラソン自己ベスト:2時間45分45秒(静岡マラソン)

フルマラソン、ウルトラマラソンを中心に走っています。
ウルトラマラソンを始めたきっかけは、フルマラソンでなかなかサブ3を達成できなかった時にウルトラマラソンの存在を知って、100㎞感想出来ればフルマラソンでサブ3をするのが楽にできるのではないかと思って挑戦してみたのがきっかけです。

刈谷リレーマラソンにご参加の皆さんへ
チーム一丸となって4時間思いっきり楽しみましょう!

河村英里香


ベスト記録
・フルマラソン:2時間57分50秒
・ハーフマラソン:1時間19分42秒
・5,000m:17分13秒
・1,500m:3分34秒
・100m:12秒6

『努力した分、結果がついてくるから走るのが楽しい』
『みんなで目標に向かって頑張ることが好き』

学生時代に短距離や跳躍種目を経験。
7年前にフルマラソンのデビューとしてチームのみんなと豊田マラソンに出場。
クラブチームのコーチとの出会いがきっかけでデビュー3年でフルマラソンで2時間57分を達成。
今ではトラック種目の練習にも力を入れていて、1,500mで日本選手権出場と入賞が目標。

自分の経験や走る楽しさを小さいお子さんから大人のランナーさんまで伝える事もしてみたい。

近藤尚紀


ベスト記録
・フルマラソン:2時間43分28秒
・ハーフマラソン:1時間07分
・10,000m:30分36秒07
・5,000m:14分34秒65

『走る楽しさを伝えるために自分を活かす』

箱根駅伝に出ることを夢見て中学から長距離に全てを費やす毎日。
箱根駅伝常連校の大東文化大学に入学するが全国精鋭の集まる駅伝部では厳しい練習をこなしてきたにもかかわらずレギュラーになれないまま卒業。

20代の若さにして、厳しい練習で鍛えられた瞬時の冷静な判断力や集中力、信頼感が評価され刈谷市総合公園の施設長に抜擢される。
今は、自分自身のタイムの挑戦ではなく、『スポーツをする楽しさや充実感を伝える』ことが近藤選手のすべてのベクトルである。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP