肉の中では、鶏肉が1番なのか?

タンパク質は、分解するとアミノ酸に変化します

食材ごとに、アミノ酸の組み合わせや比率が異なります

タンパク質は、筋肉の他に、毛髪、骨、内臓、皮膚、血液など身体のパーツを構成する材料となります

その材料は、単一のたんぱく質、アミノ酸の摂取だけでは満たされる事が出来ません

低カロリーと言われる鶏肉も、摂り過ぎれば太ります

牛肉も豚肉も、魚も栄養面から考慮すれば、様々な効果が期待できます

適量なら、太りません

 

 

 

名古屋市千種区 地下鉄覚王山駅 歩いてすぐの

パーソナルトレーニングスタジオ BEST style

代表の堀江 明弘です

トレーニング

食事のご提案

身体のメンテナンス

を通じて、「あなたの変わりたい!!」のお手伝いをしています

公式ラインアカウントを開設しました

友だち追加

スタジオレッスンのご予約やお問合せ専用の『ラインアカウント』です

 

【肉の中では、鶏肉が一番なのか?】

 

『鶏肉だけを食べています!!』

身体作りに取り組む方で、たんぱく質は鶏肉から!!

というイメージが強いようです

 

鶏肉料理

 

自分も好きなので、良く食べますが

ささみしか食べないなど

『同じ食材だけ』はNGです

そもそも、同じ食材ばかり食べるのは飽きませんか?

そのストイックさは、他で発揮しましょう!!

 

タンパク質は、分解するとアミノ酸に変化します

食材ごとに、アミノ酸の組み合わせや比率が異なります

 

タンパク質は、筋肉の他に、毛髪、骨、内臓、皮膚、血液など身体のパーツを構成する材料となります

単一のたんぱく質、アミノ酸の摂取だけでは身体の材料を満たす事が出来ません

 

●鶏肉は、『低カロリー』であることから、身体作りに好まれるようです

 

●豚肉は、『糖質の代謝』を助けるビタミンB₁が豊富

 

●牛肉は、他の肉と比べ、『カルニチン』が多く脂肪燃焼効果が期待出来ます

 

●魚は、『EPA』という必須脂肪酸のオメガ3を豊富に含み中性脂肪のコントロールを期待できる

 

それぞれ、食材には特徴があります

 

低カロリーと言われる鶏肉も、摂り過ぎれば太ります

牛肉も豚肉も、魚も栄養面から考慮すれば、様々な効果が期待できます

適量なら、太りません

 

●何を食べるのか?

●どのぐらいの量を食べるのか?

●何と組み合わせて食べるのか?

ここが大切です

 

鶏肉が好きであれば食べれば良い

だけど、鶏肉だけに頼る事は好ましくありません

 

栄養素は、八方美人が大切!

あれもこれも、いろいろ取り入れましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BEST style は、5月1日で1周年を迎えました

1周年を記念した企画の記事はコチラ

http://best-style758.jp/1570-2

お客様の言葉はコチラ

http://best-style758.jp/okyakusama

『月例講座 募集中!!』

7月の講座は、マラソン対策講座!!

テーマは『夏から備える 走れる身体作り』

内容は、

初心者ランナーさんを対象に、

トレーニング

ケア

栄養

に特化してお話を進めて行きます

走る力を向上さえる秘訣をお伝えします

□予期せず、マラソン大会に出る事になってしまった

□夏は、暑さに負けて走る気にならない

□怪我を抱えながら走る事はしたくない

□後半の失速がいつも気になる

マラソンの準備は何から始めたら良いのかわからない

そんなあなたにオススメな講座です

この講座を受けると、

●効率良く身体を動かすコツが学べます

●筋肉が出す力の連鎖を作れるようになります

●ラクに走れる身体の仕組みが学べます

●怪我をしにくい身体を目指せます

●エネルギー切れを起こさないコツを学べます

 

 

BEST styleは

身体の動きの改善栄養の指導・相談を通じて

身体の内面と外側からトータルサポートをしていきます!!

☆レッスンには、一般のお客様だけでなく、運動指導者、栄養関連、教職者、学生さん様々な方のサポートをさせて頂いております

☆名古屋市内、刈谷市、西尾市、半田市、春日井市、東海市、本巣市、中津川市、多治見市、四日市市からお越し頂いております

☆トレーニングのサポートの他に、栄養の個別相談も受け付けています

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:070‐5333‐0774

メール:best.style758@gmail.com

体験レッスンも受付中です!!
コチラをご覧ください
 

スタジオへのアクセスはコチラ

スタジオまでの地図です

地下鉄でのお越しの際の道順です

その他、ご不明点はお問い合わせください

 

 

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:070‐5333‐0774

メール:best.style758@gmail.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP