ランニングの悩みを解決しませんか?よくある悩み3つのお話

悩みの解決は大丈夫?

オンラインマラソンやトレイルマラソン大会が徐々に増えて来ました。
・久し振りに長い距離を走る!
・10㎞の大会で身体の様子を確認してくる。
・友人とマラニックを走る
いろいろなお客様が増えて来ました。

準備は順調ですか?
✔走る時の補給食はどうしよう…
✔目標タイムを達成するためのペース配分は?
✔タイツは履く?辞める?
✔結局、どのランニングシューズが良いの?
✔○○が痛くて走る事が不安なんだけど…
このタイミングだからこそご相談が増えて来ました。
その悩みの解決策は見つかりそうですか?

悩みの解決策任せて下さい

走り方や身体の動きの改善だけでなく、
・ランニングシューズ選び
・サプリメントの摂り方や選び方
・サポーター、タイツなどサポートグッズ選び
も得意です。
トレーナ業務を始める以前は、スポーツショップで勤務歴が約10年あります。
ランナーのサポートグッズのご提案を長年してきたため、『お悩みをスッキリ解消』する事が得意です。
また、自身のマラソン経験とアスリートフードマイスターの資格もあるので栄養面やランニング中に必要な補給食の摂り方やタイミングのお話も信頼を頂いています。

悩み①補給食問題

昨年は大会が近くなると
・補給食をどう選べばいいの?
・補給食をどんなタイミングで摂取したらいいの?
なんて疑問や悩みはありませんでしたか?
自分に合ったモノやタイミングがわかると安心して走れます。
●どんな種類を摂るのか?
●どのぐらいの量が必要なのか?
●どのタイミングの摂取がベストなのか?
●他社との比較や商品の違いや選ぶ基準は?
こんなお悩みをお持ちのようです。

栄養学に基づいて、マラソン中の栄養の摂り方はもちろん、
スタート前や当日までの『食べるべきモノ』『控えるモノ』のご提案をしています。

✔雑誌に載っていた○○方法が気になる
✔知り合いに勧められた○○を取り入れたけれど、自分に合っているのかな?
栄養の摂り方1つで、身体の動きが確実に変わります。
一人で悩み続けても良い結果は生まれません。
スッキリした気分でスタートラインに立ちませんか?

悩み②当日の走るペース問題

●目標タイムを達成するためには?
●途中で失速してしまうんです…
●ペース配分がイメージできなくて…
そんなお悩みのご相談の頂いています。

関門の距離とそこを通過する目標とする経過時間が決まれば、あとは走るだけです。
『ゴール』という最終目標だけを見据えると思わぬところで足切りになるかもしれません。
距離を刻んで目標設定をするとその日の調子次第で上方修正も下方修正もしやすくなります。
淡々と走る事よりも、気分がラクに走れますよ

悩み③痛みが出ないか不安問題

『痛みがあれば休養する』

ある意味間違いではないし、本来のあるべき姿かもしれません。
ただ、『休めるだけ』では意味がありません。

『痛みの出てしまった原因は何だろう?』
この部分を解決しなければ、休み明けでしばらく走るとまた痛みが再発するかもしれません。
要するに、
休めただけで問題の改善策をしていなければ再発する
という事です。

痛みの原因の1つに、身体を上手く使えていないから
というランナーさんが多くいます。
使えていない部分があるから、他のパーツが補ってしまう…
補った部分の負担が大きくなればパンクします
(痛みの発生に繋がります)

『休む』という選択肢の他に、
『正しく動けうるように学習する』という選択肢が必要です。

本番までの残り少しの時間、劇的なレベルアップは見込めません。
しかし、
正しい動きを身に付ければ、特定部位の負担が減って痛みがスッキリする可能性もあります。
身体の動きを見直す…やれていますか?

悩みを持ってスタートラインに立つと、不安を抱えてゴールに向かう事が苦痛になるかもしれません。
解決できる不安は、解消しておきませんか?

こんな講座も開催しています

目標達成をしたいランナーさんを対象に
『ハーフマラソン2時間切り講座』
を開催しています。
この講座では、
・ランニングシューズ選び
・トレーニングのポイント
・実際のランニングのメニュー提案
などオンラインと実際の練習会を組み合わせたトータルサポートを行っています。
練習会に参加が出来なくても『お題』を出すのでご自分のタイミングで練習が可能です。
またSNSの限定ページで質問などが気軽にできるオンラインサロンも設けています。

11月からは
『フルマラソン4時間切り&5時間切り講座』
の開催を予定しています。
こちらの講座は上記の内容に加えて
『マラソンに必要な栄養』
も取り上げます。
・補給食の選び方
・サプリメントの活用の仕方
で練習の成果やフルマラソンのタイムに大きく影響が出てきます。

マラソン大会が解禁となったら結果に繋がる練習を始めませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP