【開催しました】月間100㎞でサブ4達成講座『膝・股関節身体作り編』

頭がパンパンでした

5月の『サブ4達成講座』を開催しました。
今月のテーマは、『膝・股関節 動き作り編』を取り上げました。
●膝への負担を減らすために必要な事
●脚の内側&外側のラインを整える事
の大切さを取り上げました。

『現状の身体のチェック』からスタートして
『目的を絞った』エクササイズを行い
『身体の変化』を実感する。
を繰り返し行う講座です。

結果、実施したエクササイズから得られる成果や身体の変化を予測して自分にとっての改善点を導き出せるようになります。
受講者は、大量の情報を受け取る事で『頭がパンパン』『難しく感じる』という感想を頂きます。
中身の薄い、理解しやすい情報量では簡単に理解が出来て情報の価値がなくなります。
少し難しかったり、頭がパンパンになるぐらいの情報量だと理解するために情報を『反芻』するために定着度が高まります。

講座の後に復習したり内容の実践する『積極的な』受講者は『数パーセント』言われています。
積極的な受講者になるためにも、『頭がパンパン』『難しく感じる』というハードルを乗り越えて頂きたいと思います。
今までと違う情報量に触れる事で、自分のレベルアップに繋がります。
前向きに自分を変えたい方に参加して頂きたい講座です。
1度や2度の参加ではおそらく『情報処理能力』は向上しません。
復習かいの設定もしていますし、毎月違う切り口での講座も開催しています。
レベルアップのハードルを越えてみませんか?

解剖学的な視点、トレーニングの専門家からの視点、身体の専門家の視点様々な視点からランニングをレベルアップさせませんか?

こんな感想を頂きました

●身体の仕組みを考えながら2時間半、頭がパンパンでした。
●目的をはっきりさせてから取り組むのでフィードバックもしっかりできるのだと思いました。
●『目的⇒予測⇒仮定⇒実施⇒結果⇒評価』が科学実験みたいでした。
●からだも疲れたけれど頭が疲れた。
●なかなか思うように動けないと感じた。
●身体は1つのパーツだけで動いていないので、広い目で見ないといけないと感じました。
●大腿筋膜張筋の柔軟性が特に頭に残りました。この筋肉の硬い事のデメリットを感じさせられました。
●今回、短時間の臀筋や腸腰筋の出力の改善をしたら痛みの合った臀筋が力が入りやすくなった。

6月の講座はコチラ

身体の動きの可能性を引き出すための自分の現状の把握とエクササイズを取り上げます。
6月は『膝・股関節』からの連動した動き作りをテーマにします。

日時:6月21日(日)
受付:10時00分
開始:10時10分
終了:12時30分
定員:5名
(各回共に2名以上で開催)
参加費
6,000円
・事前にご入金を頂きます。
・お申し込みメールの送信後のキャンセルや振替、ご返金は致しかねます。
(キャンセルの場合も、メール送信後はご入金を頂きます)
内容
・BEST styleでこだわりの『膝・股関節』の話をしていきます。
・受講して頂くと、身体の弱点や怪我の可能性の予測が立ちトレーニングでの改善策が立てやすくなります。
・トレーナー&現役のランナー、施術者としての目線で解剖学やエクササイズのお話をしていきます。
・今回のシリーズでは、身体作りに特化してお話をしていきます。
・他の参加者の変化や動きを見る事で自分と比較して今後のエクササイズや練習の知識向上に繋げていきます。
・大量の良質の情報を受け取る(学ぶ)事で今後の知識向上がスムーズになります。
・スタジオではなくご自宅で受けられるオンラインでの講座の開催となります。
・お申し込み後のキャンセルや振替、ご返金は致しかねます。

復習プランも受付中です

●講座で1度聞いただけでは忘れてしまう…
●復習した時にただし動きが受からなくなる…
●自宅で復習するとポイントを聞き忘れていた事に気付いた…
そんな声を寄せて頂いたので、復習の機会を設定致します。

【いつでも動画チェックプラン】
講座の内容を録画しURLを送信いたします。
お好きなタイミングで動画の視聴が可能です。
(講座後、1か月以内に限り視聴が可能です)
料金:追加1,000円

【マンツーマン復習プラン】
スタジオにお越し頂くか、ビデオ通話で実際に動いて復習をしていきます。
(予約制、45分間のトレーニングを含んだレッスンです。)
料金:追加3,000円

【グループ復習プラン】
ご参加の方と予定を合わせて復習をしていきます。
(予約制、45分のトレーニングを含んだレッスンです。)
料金:追加2,000円

お申し込みはこちらから

ご参加希望の方は、下記のフォームよりお申し込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S79419532/
お申し込みをお待ちしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP