痛みなく走りたいランナーの為のピラティス講座

怪我の防止を目指します

ご好評のランナーに特化したピラティス講座を開催します。
第一次世界大戦の傷病者のリハビリという観点から発祥したピラティスは、エクササイズを通じて
『身体のゆがみの矯正』
『使うべき筋肉を正しく使う』
という性質があります。
●怪我からの回復を狙う
●怪我をしにくい身体を作る
という両面からランニングをするには最適なエクササイズと考えています。
□マラソン大会がなくて走る意欲がわかない
□暑くてなかなか思うように走れない
□長年、痛みや怪我に悩まされている
というランナーさんにはオススメの講座です。

取り上げるピラティスのエクササイズは、ランニングに特化して講座を進めていきます。
ランナーが講師を務めるランナーによるランナーの為のピラティス講座です。

講座では、ピラティス、ストレッチ、筋トレを組みあわせたBEST styleメソッドで進めていきます。
身体の動きに目を向けて、『正しい動作の再学習』をしていきます。

身体の各パーツの連動性が高まる事で、ランニングの質が高まりレベルアップと怪我の軽減を目指していきます。
参加をすると『身体が軽くなってランニングの調子が良い』と感想を頂く講座です。
楽しくキツく今よりもワンランク上の動ける身体を目指していきましょう!!

この講座に参加すると…

講座では、『お尻のトレーニング』『腹筋のトレーニング』など特定部位のトレーニングではなく、
『身体の各パーツを連動させる事』に特化したエクササイズを取り入れていきます。

効率よくランニングをするには、身体の部位ごとのレベルアップも大切です。
それ以上に、身体1つ1つのパーツが連動して動く事が出来なければいけません。

講座を通じて得られる事は
身体の各パーツが連動して動く事で、怪我の軽減やランニングのレベルアップが出来ます。
●正しい身体の使い方を理解する事で、効率的なランニングの出来る身体に進化が来出来ます。
●正しい筋トレをする事で、正しい動きを作るための筋肉の稼働が高まります。
●筋肉の出力を高める事で、効率よく走りやすい身体に進化が出来ます。

こんな感想を頂いています

●いつもは股関節が痛くなるのに、長い距離を走ってもで痛みが出なかった
●身体の動きに柔らかさが出てきた
●軸が安定して走れるようになってきた
●動きがスムーズになってきた
●左右のゆがみや硬さの違いが整ってきた
こんな変化を期待出来るレッスンです。
1回や2回でのレッスンでは身体の変化は一過性で終わってしまいます。
継続的に反復してエクササイズをする事で正しい動きが定着して身体に変化が現れます。

詳細はこちらから

 

 

①ランニング×ピラティス(木曜クラス)

日時:木曜日開催
7月16日、8月20日、9月17日
受付:14時00分
開始:14時10分
終了:15時30分
開催場所:オンライン
定員:5名(最低開催人数:3名)
持ち物:動ける服装、水分、
(スタジオに変更になった場合のみ、室内シューズ&ヨガマットは不要です)
内容
・自分の身体の重さや柔軟性を活用して骨盤と背骨、肩甲骨の動き作りをしていきます。
・筋トレを通じて、走る事に必要な下半身の筋力を中心に全身の筋力の向上を高めていきます。
・ピラティス、筋トレ初心者の方でも参加OKです。

②ランニング×ピラティス(日曜クラス)

日時:日曜日開催
7月12日、8月2日、9月6日
受付:9時30分
開始:9時40分
終了:11時00分
開催場所:オンライン
定員:5名(最低開催人数:3名)
持ち物:動ける服装、水分、
(スタジオに変更になった場合のみ、室内シューズ&ヨガマットは不要です)
内容
・自分の身体の重さや柔軟性を活用して骨盤と背骨、肩甲骨の動き作りをしていきます。
・筋トレを通じて、走る事に必要な下半身の筋力を中心に全身の筋力の向上を高めていきます。
・ピラティス、筋トレ初心者の方でも参加OKです。

その他のご案内

●参加費は、回数券と単発支払いとお選びいただけます。
単発:2,500円
3回券:7,000円(使用期限:5カ月)
6回券:13,500円(使用期限:8か月)

●日曜、木曜共にオンラインで講座を行います。情勢に応じてスタジオでの開催に切り替える場合があります。
●各講座の振り替えは可能ですが振り替えの場合は1回につき、事務手数料(税別:500円)と講座の差額分をお支払い頂きます。
●参加費は事前にお支払い頂きます。
●お申し込みメールを送信したタイミングでご入金の義務が発生いたします。
●キャンセルの場合、返金はありません。

お申し込みはこちらから

https://ws.formzu.net/fgen/S61946162/
ご参加をお待ちしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP