奈良マラソンを走って来ました

奈良マラソンを走って来ました

12月8日(日)に開催された奈良マラソンに参加して来ました。
7年前のNAHAマラソン
4年前の掛川新茶マラソン
2年前の長野マラソン
と今回が4回目のフルマラソンでした。

ウルトラマラソンやフルマラソン以上の距離を練習で走る事はありますが、フルマラソンはやっぱり別物。
走る距離が変われば準備も変わる…今回もいろいろな事がありました。

こんなマラソン大会でした

『起伏があるからキツイ大会だよ』と耳にしていたので直前の準備は起伏やトレイルを中心にしました。

トレランに行けば長い登りはあるけれど、そんな登り坂はほぼ走り切れない『急坂&劇坂』と言われるような場所ばかり…本番コースのように『長い登り坂で走り切れる程度のコース』はなかなかなく、準備が大変でした。

コースは、
●前半が比較的なだらか
⇒ここで貯金を作れたのは大きかった。
●天理市内は起伏のレベルが急激にUPする
⇒29~32キロまでの登り坂は想定以上だった。
●沿道からの声援が賑やか。
⇒終盤の坂道を除いてはほぼ声援を頂けて有難く感じた
●ゼッケンにニックネームは入れるべき
⇒自分としては、ゼッケンにニックネームを入れる事を初体験。なぜあの名前にしたか記憶はないけれど声を掛けてもらえるから頑張れるはずです。笑

20キロ近くまでは知り合いのランナーさんの並走のお陰で良いペースで中間地点を通過。
そのまま25キロ付近まではいけましたが、30キロ過ぎの劇坂で撃沈。
往路ですれ違うランナーは颯爽と登っていたから『自分もいけるかも!!』と考えていたけれど甘かった。
あの時間帯ですれ違うランナーはトップ選手…
『そりゃ、登り坂も速いわな』
と独り言を言いながらペースダウンしてしまいました。

10㎞と40㎞手前で通過する『奈良公園』付近ではシカがコース間近でお出迎え状態でした。
タイミングによっては、群れがコースを横断する時もあったとか…奈良公園ならではですね。
せっかく間近で見られたのに、復路は余裕がなさ過ぎて写真すら撮れず…。

こんな準備をしました

春の大会での走力向上を目標に
●スピードUPを狙える練習
●スピードUPを維持する練習
●今までとは違うシューズにチャレンジしてみる
その結果、今回は『30キロ走はなし』という事前準備となりました。
今まで終盤は歩いていたのが今回は歩かずに『完走』
距離走が必要なのか?
月間走行距離が必要なのか?
何をやるかの議論はいろいろありますが、今回の練習内容はまた次回の記事にて…。
『走る代わりに取り入れた事は!?』
リクエストがあればこんなお話を取り上げます。
リクエストをお待ちしております!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 16日

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP