プロテインの見落としがちな事、お伝えします

名古屋市千種区 地下鉄覚王山駅 歩いてすぐの

パーソナルトレーニングスタジオ BEST style

代表の堀江 明弘です

トレーニング

食事のご提案

身体のメンテナンス

を通じて、「あなたの変わりたい!!」のお手伝いをしています

公式ラインアカウントを開設しました

友だち追加

スタジオレッスンのご予約やお問合せ専用の『ラインアカウント』です

 

ご予約可能時間の確認はコチラから

 

【プロテインの見落としがちな事、お伝えします】

 

プロテインのお問い合わせが増えてきたので、今回はたんぱく質のお話です

たんぱく質は、身体のあらゆる機関やパーツを作る材料になっています

 

たんぱく質が不足すると、

●肌荒れが目立つようになる

●髪の毛がバサバサになる

●痩せるというよりも、やつれる

●身体のメリハリがなくなる

●代謝の低下を引き起こしやすくなる

こんなデメリットがあります

 

 

食事のタイミングが不規則だったり、

食事の量の確保が出来なかったり

たんぱく質の摂取量が満たされないようであれば、

サプリメントを活用してプロテインの使用がお勧めです

 

そして、プロテインのお話になると、高頻度の質問がコチラ

『プロテインって太るの!?』

 

プロテインは太るの!?

という記事はコチラから

 

プロテインを摂取するタイミング

のお話はコチラから

 

栄養素の吸収スピードはある程度の目安があります

食事での摂取は4-5時間

サプリメントでの摂取は2-3時間

と言われています

 

要するに、1度摂取したら一定時間の時間を空けなければ

効率よく吸収がされません

 

吸収されないたんぱく質は、体内で脂質に変換され貯蔵されます

適量とタイミングを意識する事が大切です

 

適量というと、

体重の1.5倍~2倍

1回の摂取上限は20~30グラム

と言われています

 

振り返ってみて、充足はされていますか?

充足されなければ、

せっかくのツライトレーニングの効果も減少します

充足されることで、筋肉の疲労の回復を早める期待が出来ます

 

次に多い質問がコチラ

どんなプロテインを選ぶのか?

 

市場に出ているプロテインは大きく分けると

牛乳が原料のもの

大豆が原料のもの

に分けられます

牛乳が原料のホエイプロテインとカゼインプロテインの方が、

大豆プロテインよりも、アミノ酸の組成が良いと言われています

 

BEST styleでは目的にもよりますが、ホエイプロテインをお勧めしています

 

 

種類だけでもこんなにたくさんあります

 

同じメーカーでも迷いそう・・・

味もいろいろあります

 

摂取する時間や具体的な種類の選び方は、ぜひご相談ください

第一線の競技生活での活用話

販売職をしてきた選び方コツのお話が出来る事

もBEST styleの強みです

 

(今回の画像はインターネットから頂きました)

 

 

BEST style は、5月1日で1周年を迎えました

1周年を記念した企画の記事はコチラ

http://best-style758.jp/1570-2

 

お客様の言葉はコチラ

http://best-style758.jp/okyakusama

 

BEST styleは

身体の動きの改善栄養の指導・相談を通じて

身体の内面と外側からトータルサポートをしていきます!!

☆レッスンには、一般のお客様だけでなく、運動指導者、栄養関連、教職者、学生さん様々な方のサポートをさせて頂いております

☆名古屋市内、刈谷市、西尾市、半田市、春日井市、東海市、本巣市、中津川市、多治見市、四日市市からお越し頂いております

☆トレーニングのサポートの他に、栄養の個別相談も受け付けています

 

ご予約可能時間の確認はコチラから

 

 

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:07053330774

メール:best.style758@gmail.com

 

体験レッスンも受付中です!!
コチラをご覧ください

スタジオへのアクセスはコチラ

スタジオまでの地図です

地下鉄でのお越しの際の道順です

その他、ご不明点はお問い合わせください

 

 

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:07053330774

メール:best.style758@gmail.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP