お肌を作る栄養の話

その食事が身体を作ります

食べた食事を消化吸収して身体を構成させたり、身体を動かしたり栄養を活用しています。
化粧水、化粧品、日焼け止めの質が良くても、食事のバランスが悪ければ美肌に近付く事は困難です。
どんな食事を選ぶのか?どんな栄養を摂取するのか?がお肌を作るポイントとなります。

お肌を作るには何が必要?

身体を構成している栄養素はタンパク質です。
筋肉、骨、髪の毛、内臓、血液とともに肌の原料はたんぱく質が姿を変えています。
質の良いたんぱく質を消化吸収できる環境を整える事が『美肌』への第1歩です。
また、たんぱく質の働きを強化させるためにビタミンB6の働きが必要です。またビタミンB2が肌のトラブルを防ぐ働きもます。

お肌が喜ぶ栄養の話はコチラ
http://best-style758.jp/ohada-eiyoh

たんぱく質とは?

身体の各パーツを構成していてなくてはならない存在です。筋肉、皮膚、内臓、毛髪、爪などを作っています。
不足すると、肌荒れや抜け毛の原因になります。筋肉が育たないためエネルギーを燃やしにくくなり太りやすい身体になります。
お肉、魚、たまご、豆類をバランスよく食べる事が大切です。

ビタミンB6とは?

たんぱく質を爪、皮膚、髪の毛、筋肉に変えていく工程(代謝)をサポートする働きをする存在です。
不足すると、摂取したたんぱく質を有効に活用できなくなります。肌荒れや口内炎を引き起こす事があります。
青魚、鶏肉、玄米に含まれているので組み合わせて取る事がポイントになります。

ビタミンB2とは?

脂質の代謝を助ける働きだけでなく、新しい細胞を作成する時に活躍する栄養素です。身体を成長させるために必要なのでお子さんにも必要な栄養素ですが、血液の流れをさらさらにする役割があるため、大人にとっても生活習慣病の予防にも繋がります。
不足すると、脂質の代謝効率が落ちるため太りやすくなります。また、肌のトラブルを引き起こしやすくなります。皮膚炎、口内炎、肌のかゆみやニキビを引き起こします。
水に溶けやすい成分のため定期的に摂取する事が必要です。

栄養への向き合い方

栄養は1つのモノだけを摂取すれば良いというわけではありません。
身体を作るために必要な栄養素、身体を動かすために必要な栄養素どれが欠けても身体は機能しなくなります。
ランナーだからスポーツをしないからに関わらず、バランスよく栄養を摂取できるように食事を整える事が大切です。

身体にとってなくてはならない栄養素のお話はコチラ
http://best-style758.jp/umaieiyousessyu

身体の中での化学反応のお話はコチラ
http://best-style758.jp/eiyou-wakiyaku

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP