悩みの原因はココにあるかもしれません

足裏のアーチは正しく機能していますか?

身体を支えるパーツの1つに足裏には3種類のアーチがあります。
✔内側のアーチ(カカトと親指の付け根)
✔外側のアーチ(カカトと小指の付け根)
✔横のアーチ(親指と小指の付け根)

このアーチをしっかりと使えていますか?
現代人はなかなかアーチを使えていない人が多いと言われています。
その理由は、
●靴を履く習慣になった事
●座る時間が増えた事
●歩く以外の交通手段が発達した事(自転車、車、エスカレーター…など)
これらが原因で、アーチが有効に使われる機会が失われつつあります。
足裏のアーチは身体を支える土台です。
このパーツが上手く機能しないと、走る事はおろか日常生活でも支障が起こる事が少なくありません。

足裏のアーチの役目は?

足裏のアーチの役割は、
●歩行やランニングの際に、身体にかかる衝撃を吸収する役割
(柔らかい構造として『たわむ』)
●歩行やランニングの際に、地面を蹴り出す役割
(複数の骨同士が硬い構造になる事)
大きく分けるとこの2つになります。

3つのアーチがバランスよく働くからこそ、この大切な機能が発揮されます。
インソールやソックスなど『内側だけ持ち上げる』と言う商品が出回っていますが、
1つの部分が上がれば、他の部分は低くなります。
バランスが取れない足裏はトラブルの原因を招く事になります。

足裏アーチの機能しないと…

足裏が正しく機能しないと
●走ると足裏が痛い
●足裏のマメやタコが気になる

●膝が痛い
●腰が痛い
●肩こりが辛い
●太もものハリが気になってきた
こんなトラブルを引き起こします。
歩いたり走ったりする際のトラブルの原因だけでなく、
姿勢の不良の原因(肩こりや腰痛、膝痛)になったり
体形が崩れる原因(太ももが太い、ふくらはぎが太い)になったりします。

長年の様々な悩みの原因が『足裏の使い方』に隠れているかもしれません

足裏のアーチを正しく機能させるためには、『足育』が必要です。
セルフケアでも一定のレベルアップは期待出来ますが、
効率よく改善をするには自分に合ったトレーニングが最適です。


足裏が上手く使えているかの目安は、
『足指が付け根から曲がる』が目安です。
上記の画像のように5本ともに付け根から曲がりますか?

曲がりが不足している方は、ぜひ体験レッスンにお越しください!!

また、サポートグッズとしては、インソールや靴下の活用がお勧めです。
ただ、一か所だけ機能が良くなるモノ(○○のアーチをあげますのような…)ではなく、
足裏へ総合的なアプローチが出来るインソールや靴下を選ぶと良いですね。
悩みの解決のヒントが隠れているかもしれません。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP