こんなご相談が増えています

ランナーに多い怪我の種類は?

ランニング中に発生する痛みの多くは、
●膝の下部の痛み
●アキレス腱の痛み
●足裏の痛み
●脛の前の痛み
●膝の外側の痛み
が多く発生するようです。

ホリエ自身も一時期は怪我に悩まされ続けました。
同じタイミングで発生した事もある両足の足底筋膜炎
左右で絶妙なタイミングで繰り返す腸脛靭帯炎
怪我が多かったからこそ、不安な気持ちもある程度は理解できます。

マラソン大会にエントリーしちゃったから痛みを抱えながらの練習をしている。
走れば痛みが改善する気がする。
と、言って不調の闇から抜け出せなくなっていませんか?

お悩みの相談が増えてきました

マラソンのシーズンに入ったからか『痛み』のご相談を頂く事が増えて来ました。
今は特に『足裏の痛み』のご相談を多く頂いています。
●足部が内側に傾く角度が多ければ、直接的に足裏にストレスが掛かります。
●膝の内捻じりが大きくなれば、間接的に足裏にストレスが掛かります。
●お尻の筋肉の機能不全があれば、間接的に足裏にストレスが掛かります。
足裏が痛いから足部をチェックする事は多いですよね…
『冷やす』
『ゴロゴロとボールを転がす』
『筋膜リリースをする』
などいろいろな手段があります。
(筋膜リリースには思うところがありますが、今回は割愛)

痛みの改善で大切な事は、『直接的』な事だけのアプローチではなく『間接的』のストレスをいかに軽減していくか…です。
この『間接的』への対処こそが『根本からの改善』に繋がる事が多いです。
痛みの発生は大きく分けると、
●身体の使い方の改善
●使用するシューズとの相性の見直し
が痛みの発生につながる事が多いです。

今回は、身体の使い方のお話です。

何が大切なのか?

まずは『間接的』な足裏へのストレス要因を減らしていく事です。
直接的な痛みの発生原因へは目を向けますが、間接的な原因には『気付かない』『見抜けない』事が原因で目を向けられない事が多いです。

●機能不全の筋肉の影響は出ていないか?
●膝の動き方にエラーが出ていないか?
この2つの改善が出来るだけでも、痛みの改善に大きくつながる場合があります。
多くの場合は、
『○○筋の硬さと○○筋の出力不足』
『○○筋の過剰な稼働と○○筋の稼働不足』
がポイントの場合があります。

出力の不足した筋肉の改善
稼働が不足した筋肉の改善
は、走るだけではアプローチしていく事は不可能です。

BEST styleは治療の専門家ではありません。
ただ、ランニングの専門、身体の動きの専門です。
●正しい身体の動きに導く事
●身体の動きのエラーを修正する事
で痛みの改善に繋げられる事もあります。

『レッスンに通って、足裏や膝の怪我が激減した』
『大会で痛みの出ていた部位が痛みを感じずに完走出来た』
『気付いたら楽に走れるようになって嬉しい!』
『お尻が上がってスタイルも良くなった』
という感想も頂いています。

本命レース前に、不安要素を消していきませんか?
レッスンでコツコツ身体を変えるもヨシ
身体を変えていくセミナーを受講するもヨシ

ご連絡をお待ちしております。

こんな講座を開催します

【月間100㎞でサブ4達成するためのアレコレ講座 動き作り編】
http://best-style758.jp/1910marathonkouza

●練習の量を増やしても成果が見えてこない。
●走る距離を延ばすと痛みが出てくる。
●マラソンの後半、疲れが出ると身体の動きがバラバラになる。
そんなランナーさんを対象に『自分の弱点』を炙り出していきます。

【目覚めろ!サボり筋 身体づくりのコツ】
抽出した『弱点』の改善を12月22日(日)に行います。
●身体をうまく動かすために必要なトレーニングは?
●動きの悪いパーツの稼働を増やすためのセルフケアは?
などを取り上げていきます。

1月19日(日)には、セルフケアに特化した講座を行います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP