正しくやらないと、思わぬ事に…

その動き、正しく出来ていますか?

●腹筋をしたら腰が痛くなった
●正しい姿勢を習慣にしていたら腰が痛い
最近、寄せられるお客様からの声のシェアです。
中には、痛い事が当たり前で放置していたり、加齢だからと諦めたり…という方もいらっしゃいました。
BEST styleは治療は出来ません。
しかし、身体を正しく動かす目線からのアプローチで痛みの改善へのご提案をしています。
家トレをしていて、○○が痛くなった…。
身体のラインを整えようとした姿勢がかえって悪影響だった…。
となったら悲しいですよね。

腰が痛くなる腹筋は?

仰向けの状態で、
✔上半身を起こしたり戻したりする動き
✔上半身を固定して骨盤を上下に挙げる動き
ここでは、『腹直筋』に刺激を入れる動きを腹筋の運動とします。
主に使用する筋肉はこちらです。

画像をお借りしました

骨盤からオヘソ、肋骨付近に着いている腹直筋をターゲットにトレーニングを行います。
上記に2種目に関して、
正しい動きをした場合は問題がありません。
しかし、股関節の動きを誤ると腰痛を誘発する可能性が大きくなります

動きのポイントとなるのは『腸腰筋』です。
腰椎という腰の骨から大腿骨という太腿の骨に着いています。

腰の痛みを誘発させないためには?

股関節を曲げて、
『上半身を起こしたり』
『下腹部を持ち上げたり』という動きがお勧めです。
本来、お腹の中心に刺激を入れる事が目的のトレーニングのはずが痛みを引き起こしてしまうのは悲しすぎます。
狙い通りの目的に合った方法を選択してトレーニング出来ると良いですね!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP