脱水対策で必要な栄養素を知っていますか?

今年の夏も暑くなりそう

夏になれば水分補給を促す情報をよく目にします。
身体の中は60%が水分のため、この水分の量を維持できなくなると身体の仕組みや働きが破綻します。
特にランニングをした後とランニングをする前では
2%以上の減少がみられると『危険』と言われています。

短時間でのランニングした際の体重の減少は期待出来ません

そんな条件下での体重の変化は大部分が『水分の喪失』であると言えます。
夏場のランニングの際は、体重計で自身の身体をチェックする事がお勧めです。

何を飲めばよい?

水分を摂ると一言で言っても、何を選ぶか(どんな水分を摂るか)…が大切です。
水分以外を含まない液体を摂取し続けると弊害が起きます。

大塚製薬HPより

脱水となる状況は…

脱水症状となる状況の1つに下記の流れが挙げられます。
①発汗
②体液が減る
③水だけ飲む
④体液濃度が下がる
⑤のどの渇きが一時的に止まる
(薄い体液を戻すために水分を流出しようとする)
⑥体液不足

水分を摂っているつもりでも、体液濃度の回復が見込めない場合があります。
体液濃度を回復させるためには、
汗などで流失した分の水分と併せて他の栄養素も摂取する必要があります。

必要な栄養素は?

水分はもちろんの必要です。
その他で脱水対策で必要な栄養素は
●糖質
●ナトリウム
が必要です。

●糖質は
・小腸での水分の吸収の際に必要
・糖質濃度は、4-8%
●ナトリウムは、
・体液の回復で必要 とされています。
・ナトリウムの濃度としては、100mlあたり、40-80㎎。
(塩分だと0.1~0.2%となります。ナトリウムと塩分の捉え方が異なります。)

上記の数値は、日本体育協会がお勧めしています。

現在、メディアでの取り上げ方の影響で毎年特定のスポーツドリンクが品切れとなっているようです
特定の商品に目を向けるのではなく、
成分を吟味して自分には何が必要か…を理解して商品選択が出来ると良いですね。

BEST styleがお勧めするドリンクはコチラです。
スタジオでも販売しています。

水分補給に限らず、どんなサプリメントが良いのか…というお悩みのご相談も受けています。
●走った後は身体のだるさが抜けなくて辛い
●夏バテを毎年するのを何とかしたい
●どのタイミングでどんな水分を摂取したらいいかわからない
ご相談はこちらから
http://best-style758.jp/inquary
お待ちしております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP