ランニングレベルアップ講座を開催しました

今までよりもラクに走れるようになった!

4カ月コースの3回目、ピラティスと筋トレとランニングを組み合わせた講座を開催しました。
超少人数制の開催で、今回は2人のご参加でした。
全員がパーソナルレッスンにいらっしゃる方で、レッスンや講座にピラティスを取り入れた結果、客観的にも身体の使い方の変化を感じられるようになりました。

ご本人様からは、
●呼吸や姿勢の意識をするようになった
●スピードを出して走っても位までよりもラクに走れた
●ランニングフォームの変化が出てきた
●足裏を使った着地の感覚が変わってきた
●以前よりも痛み減った
こんな感想を頂いています。
地道に継続を頂くから身体に変化が現れます。
お忙しい中、継続して頂く皆様には感謝しかありません。

数回のアプローチでは、身体の瞬間的な変化しかもたらしません。
身体のクセを根本から変えるためには、正しい刺激をコツコツと身体に入れ続ける必要があります。
スタジオとしてご提案している周期は7日から10日の1回のサイクルです。
長くなれば、間違った動きの習慣からの脱却に時間を要します。

特に、『走る』という日常生活以上の負荷を掛けるランナーの場合は、マメにコツコツとが大切です。

今回のポイントは…

脊柱(背骨)のしなりを今回はポイントにしました。
身体が上手くしなれば骨盤の動きも良くなり、ランニングのレベルアップに繋がります。
脊柱の『しなり』作りのエクササイズをひたすらと…

最近、スタジオにいらっしゃるランナーさんで多い姿勢が『極端な骨盤の反り』のランニングフォームです。
『極端な骨盤の反り』はランニングには不向きです。
極端な骨盤の前傾は、腹部の筋肉の出力の低下や臀部の出力の低下を招きます。
臀部は走る際のエンジンになるのに、上手く使えない…走る効率も低下する。
そこから怪我を招く可能性もあります。

今回は、雨天の為ランニングは中止。
都合よく、約2時間、ピラティスと筋トレを実施できました。
パーソナルトレーニングの時間内でもここまでじっくりとエクササイズに時間を割くことは出来ません。
その成果もあり、
『最初と比べると身体が軽くなった』という感想も頂きました。

『自分で動いて、自分を変える』
自分のランニングを変えるのは、自分の身体に対する意識を変革するしかありません。
自分の身体に向き合ってみませんか?

現在開催中のピラティス講座はコチラ
http://best-style758.jp/news/1905piratelisubosyuu

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP