どのぐらい摂れば良いの?

身体を作るには、栄養を適切な量で摂取する事が重要です

○○だけ食べれば痩せる!!

○○を摂るだけで筋肉が出来る!!

は都市伝説です

5大栄養素は、バランスが取れてこそチカラを発揮します

 

 

名古屋市千種区 地下鉄覚王山駅 歩いてすぐの

パーソナルトレーニングスタジオ BEST style

代表の堀江 明弘です

トレーニング

食事のご提案

身体のメンテナンス

を通じて、「あなたの変わりたい!!」のお手伝いをしています

 

【どのぐらい摂ればよいの?】

前回のブログでは、

『たんぱく質では太らない』

というお話をしました

http://best-style758.jp/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%a3%e3%81%a6%e5%a4%aa%e3%82%8b%e3%81%ae%ef%bc%9f

 

 

そもそも、食事はどのぐらい摂るの?

を解決するお話です

具体的には、体重や性別、年齢などを係数と当てはめて計算する必要があります

が、

まずは概算でのお話です

わざわざ「計量器具」の準備は必要ありません

身近なもので計算できます!!

 

ちょっと悩んでみましょう・・・・

 

 

 

 

はい、悩んでアタマ搔きましたね。笑

 

その手を使います。笑

 

 

両手、手の平が万能の計量係をしてくれます

写真はインターネットから頂きました

 

 

「手ばかり」です

摂取するべき量はこちら

 

 

『糖質』

白米:軽く握った「こぶし1つ分」

パスタ、パン、うどんはコレの1.3倍

白米以外の方が「多く食べることが出来る!!」と喜ぶのか、「カロリーも一緒に増えてしまう」と考えるのか・・・・

自分は、和食派です

 

『たんぱく質』

両方の手の平1杯分(面積・厚みともに)

お肉、魚、大豆(納豆)、タマゴでこれを埋める事が理想

 

『脂質』

①お肉、魚を摂取すれば一緒に摂取出来てしまう

②調理(焼く、炒める)で油をしようする

以上の事から、摂取量を気に掛けるというよりは、いかにコントロールするかが大切

全く摂取しない事も身体に変化をもたらさない要因の1つになりえます

数値で言うと、1食で5~10グラムを目標に!!

 

『野菜』

手の平3杯分(生の状態で)

海藻も含めて食べる

写真はインターネットから頂きました

 

 

糖質は、摂取カロリーの60%

たんぱく質は、摂取カロリーの15%

脂質は、摂取カロリーの25%

と厚生労働省の基準があります

運動習慣や目標に合わせて掘り下げる事が

身体を作り上げるコツなのは変わりません

あくまでも『参考』にしてくださいね

 

具体的な数値に関して

食べて痩せる作戦について

は、ご相談ください

 

 

 

公式ラインアカウントを開設しました

友だち追加

スタジオレッスンのご予やお問合せ専用の『ラインアカウント』です

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:070‐5333‐0774

メール:best.style758@gmail.com

 

 

あなたの学びたいを形にしませんか?

あなたの学びたいを実現させませんか?
・夏バテ対策の栄養はナニ?
・ホントのところ、痩せる為には何が必要?
・マラソンを完走するためのコツはナニ?
・ランニングシューズの選び方のポイントは?
・身体が喜ぶ食事の選び方は?

お問合せ、お申し込みをお待ちしております

部活動、スポーツサークルなど出張でも講座を開催いたします

お気軽に下記よりお問い合わせください

体験レッスンも受付中です!!
コチラをご覧ください
 

スタジオへのアクセスはコチラ

スタジオまでの地図です

地下鉄でのお越しの際の道順です

その他、ご不明点はお問い合わせください

 

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:070‐5333‐0774

メール:best.style758@gmail.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP