どこにも痛みを感じなく走れました!!

販売のお手伝いをしていきました

17日(土)は東山公園にあるランニングショップ インターラーケン様 で販売のお手伝いをして来ました。
開店から閉店まで多くのランナーさんへシューズメーカーの on のランニングシューズや靴下、ランニングで使用するジェルのご相談をさせて頂きました。

前職での10年近くのランニングシューズやサプリの販売の経験を生かして、多くのランナーさんの1足をご提案することが出来ました。
ラインでの告知で多数の方にもお越し頂きました、ありがとうございました。
ランナーさんのお悩みをお聞きしたり、『こうなりたい、こう走りたい!!』をお聞きしながらシューズを履き比べてもらう…。
気が付いたら10数名のランナーさんとお話をする事が出来ました。

販売職の時は、他の従業員のフォローやレジ業務など販売以外の仕事もありましたが今回はひたすらお客様に向き合う事に集中が出来たので楽しくご提案が出来ました。

お客様からの声を頂きました

当日のお帰りのタイミングや早速ランニングをされた方々から嬉しい声を頂きました。
✔楽しく買い物が出来ました。
✔丁寧に自分に合うシューズを探してもらえて嬉しかった。
✔アドバイスが的確で驚いた。
✔悩んでいた痛みがどこにも感じなく走る事が出来た。
✔フィット感、軽さ、反発どれも今までのシューズよりも良くて気持ちよく走れました。
✔次から次へと話が出るので、頭の中のシューズの情報がどうなっているのか気になります。笑

クッション、反発、安定感…など、シューズの数だけ特徴の違いがあります。
ランニングシューズは、『走る内容』で使い分ける事をお勧めしています

走る内容で使い分けるには?

3つの視点からランニングシューズを選ぶことをお勧めしています。

①『どう走りたいか』で決める
・走る距離や走る速さで履き分ける事。
・『今のスピードを維持したい』『今よりもレベルアップしたスピードで走りたい』などで決める。

②『どんな使い方をするか』で決める
・『スピード練習』『距離を稼ぐ』で決める。
・練習方法に合わせて履き分ける。

③『足を育てる』で決める
・いつものランニングよりも身体に負荷をかけるために履く。
・『足育』『トレーニングラン』のために履く。

この視点で選ぶと、練習の幅が広がったり怪我のリスクを減らして走る事が可能になります。
ランニングの質の向上だけでなく、疲労や走り方の偏りからの怪我を減らすためにも選び方の視点を持つ事がお勧めです。

シューズ選びのご相談もこちらから受付しています。
http://best-style758.jp/inquary

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP