『栗きんとん』を求めて

恵那と中津川へ行って来ました

ランナーさんと、栗きんとんを求めて恵那と中津川へ行って来ました。

五平餅から始まり

菊水堂で購入大津屋の栗粉餅、川上屋で巨大モンブランと抹茶セット

昼食は『十九上 とくじょう』で蕎麦を頂きました。

食べるだけでなくマラニックもして来ました!!
という恰好ですが、お店巡りと買い出しで時間切れに…
ランニングウエアで現地にいたものの、全く走る事もなく帰って来ました。笑
たまにはこんな予定もありですね。

会話の中で、五平餅と栗きんとんは関東にはない…と話していました。
当たり前に全国にあると思っていたのでびっくりです。
栗きんとん…お正月のアノ甘い食べ物ではありません。

五平餅って?

ご飯を潰して形を作り、焼いてたれを塗ったものです。
愛知、岐阜、長野、静岡の山間部の郷土料理です。
地元の愛知県のイメージは『わらじ型』で、木のへらに平たくご飯が着いています。
この『わらじ型』は地域的には半分ぐらいだそう。
妻籠宿よりも中山道を進むと『団子型』に変わるそうです。
(インターネットより)

栗きんとんって?

栗を使った和菓子で、砂糖を栗に加えて炊き上げて作ります。
京都では、栗茶巾と言って美濃東部では栗金とんと言います。
(インターンネットより)

お店で栗きんとんも五平餅も味が全く違いました。
この時期は、RUNと味覚の組み合わせはバッチリですね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP