不安で泣かないそのために…

こんなランナーを減らしたい!!

●走ると足裏が痛い。
●膝が痛くて完走が出来るか不安。
●走るだけで、身体の痛みや不安要素に向き合いきれていない
●走れば痛みが出るのはつきものだと思っている。

似たような経験や感覚をお持ちではないでしょうか?

走る事への見方を変えていくだけでこの先のランニングの目標達成が変わります。

せっかく好きなランニング、楽しく続けたいですよね?

笑顔で好きなだけ走り続けてもらうために読んで頂きたいお話です。

痛みを抱えていませんか?

マラソン大会が増えるにつれて、いらっしゃるお客様のお悩みの傾向が変わって来ました。
『○○が痛い』
『走ると○○のハリを感じる』

お話を聞くと、
✔申し込んだマラソン大会が近付くにつれて練習量が増えた。
✔自分にとっての適切な走る量がわからないから走る。
✔『とにかく走らないと不安でしょうがない』
というランナーさんが多いです。

ランナーの痛いパーツベスト5はコチラ
・ひざ
・腰
・足首
・足の裏
・太もも

痛みが軽い間は、レッスンで痛みが軽減し気にせず走る事が出来る事もあります。
しかし、痛みがひどい場合は、休息など他の対処が必要です。

でも、休むと怖いんですよね。
『積み重ねた物がなくなってしまいそうで、走る事を辞められない。』
気持ちはとても理解できます。

レースが近づいてくると
『距離を走っていないと不安』
になりますよね。
走っていないと怠けているようで落ち着かなくなる
そんな気持ちもよくわかります。

自分の許容範囲を超えた量を走る

痛みが出る

痛みを我慢して走る

休まざるを得なくなる

休むと不安になる
こんなサイクルになっていませんか?


その先にRUNに繋がっていますか?

痛いのに無理して走る。
無理をすれば、そのために回復するべき状態を見過ごして安静期間が増えていきます。

痛みがなければ、好きなだけ走れば良いと思います。
走る事に求めるのは人それぞれ違いますよね、だからとがめません。
✔月間○○キロ走るべきだ
✔月に○○キロ走らなければ、〇時間を達成できない
とは考えていません。

価値観は人それぞれです。
✔大会に出ないけどただ走る事が楽しい
✔大会にエントリーをしないと走った気がしない
✔大会のあの雰囲気が楽しい
✔本命レースはあるが、それ以外は大会が練習だ
✔どの大会も常に完全燃焼だ
✔ストレスの発散がランニングだから週に何回でも走りたい
様々な方がいます。

ご自身の目的に合わせたランニングの目標の達成をさせて頂くのがBEST styleです。
一人一人のBESTなSTYLEに合わせたランニングの準備をさせて頂きます。

スタジオのご提案としては、
『痛みの出ない身体にする事』
『快適なランニングをお手伝いする事』

です。

自分の限界をあと少し超えるために、走る時間を少しだけトレーニングへ充ててみませんか?
✔毎日走っても壊れない身体になるために
✔月間○○キロ走っても何事もない身体になるために
✔目標の〇時間切りを達成するために
お手伝いが出来れば嬉しいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP