マラソン大会、お疲れ様でした

各地でマラソン大会が開催されました

●横浜マラソン
●しまだ大井川マラソン
●金沢マラソン
●富山マラソン
●アドベンチャーマラソン
●諏訪湖ハーフマラソン
●軽井沢ハーフマラソン
各大会に参加されたランナーさん、お疲れさまでした。
結果はいかがだったでしょうか?

目標を達成できた方も、もう一歩だった方も、まずは身体をしっかりと休ませて下さいね。

走った距離は裏切ります

✓練習は裏切らない
✓走った距離は裏切らない
良く耳にする言葉ですが、目標達成という成果に繋がりましたか?
走行距離が裏切る理由は、本番と同じ条件で走る事が難しいからです。
気象条件、気温など今の時期は、日差しの加減で暑くもなり寒くもなります。
雨が降ろうものなら、場所によっては寒くなる場合もあります。
体温が変わればエネルギー消費量も変わるためバテやすくなります。

走行距離だけを追い掛ければ、『ランニングの質』は低下します。
BEST styleでは、4時間30分が目標なら100キロ程度、4時間切りなら120キロ程度が走行目安と考えています。

走らない代わりにやれる事

走るスピードを上げる事
ラクにマラソンをする事  のコツは、効率良く身体を動かす事です。
ランニングだけをしていては、『動くコツ』の向上は見込めません。
✓弱い筋肉が稼働するための筋トレを取り入れる事
✓使いこなせていないパーツを有効にする事
これ以外に他なりません。

一律的なトレーニングではなく、自分の弱点を見つけて改善させれれる内容が必要です。
自身に特化したトレーニングが最短距離ですので、パーソナルレッスンがお勧めですが、
練習会も開催しています。

●マラソンのスピードアップ対策講座
http://best-style758.jp/18supiiidokyouka
マラソンシーズンですが、ご自身の練習の他の刺激入れの練習としても活用して頂いています。
下半身を有効に使う筋トレとスピード走を組み合わせる事でスピード強化を狙っていきます。

●トレーニング&ラン @平和公園
http://best-style758.jp/1811toreninngu-ran
身体に負荷を掛けたり、起伏を利用して刺激を入れながら走る練習会です。
各自のペースで走りますので、走力に関わらずご参加頂けます。

今年の目標を情報修正するために、一度ランニングを見直してみませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP