夏バテの対策をするには?

何をどう食べるか?

オススメの栄養素として、
『糖質』
『タンパク質』
『ビタミンB群』
『ミネラル』
の確保が大切とお話をしました。
前回の記事はこちらから
http://best-style758.jp/1806natunonayami

具体的な食材は?

そんなお勧めの栄養素を確保するための食べ物のお話です。
栄養素は、単一の食材から取り続けるのではなく『様々な食材を組み合わせる事』で栄養素同士の相乗効果も期待できます。
SNSやTVで食材が取り上げられると、翌日には売り切れる…をよく目にしますが『組み合わせて摂る』を意識していきましょう。

白米

言わずと知れた、糖質の宝庫で、たんぱく質やミネラルも含まれます。
また、玄米や五穀米にすると食物繊維の摂取量も増加します。

豚肉

たんぱく質が豊富なだけでなく、ビタミンB1、B2も含まれるため糖質や脂質の代謝効率の向上が期待できます。
また、玉ねぎと組み合わせて摂取するとビタミンB1の吸収効率がUPします。
豚の生姜焼きがスタミナUPに繋がると言われるのはこのためです。

ウナギ

豚肉同様に、たんぱく質やビタミンB群が豊富な他、免疫力の向上に欠かせないビタミンAも含まれます。
うなぎと言えば、ひつまぶしやどんぶりが有名ですが、栄養バランスのUPには海藻サラダをトッピング出来ると良いです。

パプリカ

野菜の中でもビタミンCが多く、ほかにもビタミンAやEも豊富です。
ビタミンAやEは油と一緒に摂取する事が吸収率UPに繋がるためオリーブオイルと併せる事がお勧めです。
ビタミンCが熱に弱いため火を通す際は注意、サラダに入れて食べる事が最適。

レバー

鉄分、たんぱく質、ビタミンB群、ミネラルが豊富、ビタミンAも含まれます。
ランナーさんには必要な栄養素が方法なため定期的に摂取する事がお勧めです。


夏の過ごし方で秋、冬のマラソンの成果に大きく影響を与えるため、夏バテをしている場合ではありません
また、身体のラインが気になる季節です。薄着になるから身体にメリハリを…という場合も食事の質は見逃せません。
食事の組み合わせに目を向けて、賢く栄養摂取をしていきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP