美尻に良い姿勢ってなんだ?

『良い姿勢』と言われて、胸を張った姿勢を作りたくなりませんか?

胸を張る事と良い姿勢は必ずしも一致しません

良い姿勢は、耳、肩、太ももの骨の一部、くるぶしが一直線になる事です

姿勢が悪いと、身体の機能を発揮できないだけではなく

他人に与える印象も変わります

 

 

 

名古屋市千種区 地下鉄覚王山駅 歩いてすぐの

パーソナルトレーニングスタジオ BEST style

代表の堀江 明弘です

トレーニング

食事のご提案

身体のメンテナンス

を通じて、「あなたの変わりたい!!」のお手伝いをしています

公式ラインアカウントを開設しました

友だち追加

スタジオレッスンのご予約やお問合せ専用の『ラインアカウント』です

 

【正しい姿勢ってなんだ?】

正しい姿勢を作るというと

●胸を張る

●腰を反らせる

こんな事をしたくなりませんか?

 

このままをイメージすると・・・・

胸を張ると言えばこの方ですね

ネットから頂きました

 

魅せる姿勢と、機能的な姿勢は違います

 

この姿勢が招く結果は、

過剰な腰の反った姿勢

(反り腰と言われます)

を発生させます

 

反り腰のデメリットは、

●腰が痛くなりやすい

●お腹が引き締まりにくい

●内股になりやすい

●周りからO脚と言われる

●太腿がたくましくなる

●お尻が使えなくなり、下がる

 

お尻が日常生活で使われなくなると、

垂れます

美尻から離れていきますね・・・・・

 

オススメしたくない姿勢です

 

これらは、

『良い姿勢』に対する思い込みから

発生します

 

□仰向けに寝た時に、床と腰の隙間に手の平が入りませんか?

(布団の上は柔らかすぎる為、NGです)

□壁に背中とお尻を付けた時に、腰とべの隙間に手の平が入りませんか?

□おへその下に力を入れる感覚を作る事が苦手ではありませんか?

当てはまるならば、要注意です

 

 

 

●SNSで流行りのコンテスト出場者のマネをした歩き方

●一部のモデルさんの歩き方

これらの『くびれを強調する歩き方』も正しい姿勢とは言えません

 

その姿勢は、見た目は良くても、

『脚をたくましくする』歩き方です

『お尻を垂れさせる』歩き方です

 

歩くとき、常に膝が内側を向いていませんか?

歩くとき、両膝が当たる感覚はありませんか?

歩くとき、つま先部分に痛みが出ませんか?

 

身体の要の『腰』の動きが大切です

トレーニングで身体は変えられます

 

機能的に歩く方法を見つけませんか?

身体が機能的に動けば、

美尻にも近付きます!!

 

 

 

 

 

 

BEST style は、5月1日で1周年を迎えました

1周年を記念した企画の記事はコチラ

http://best-style758.jp/1570-2

お客様の言葉はコチラ

http://best-style758.jp/okyakusama

『月例講座 募集中!!』

7月の講座は、マラソン対策講座!!

テーマは『夏から備える 走れる身体作り』

内容は、

初心者ランナーさんを対象に、

トレーニング

ケア

栄養

に特化してお話を進めて行きます

走る力を向上さえる秘訣をお伝えします

□予期せず、マラソン大会に出る事になってしまった

□夏は、暑さに負けて走る気にならない

□怪我を抱えながら走る事はしたくない

□後半の失速がいつも気になる

マラソンの準備は何から始めたら良いのかわからない

そんなあなたにオススメな講座です

この講座を受けると、

●効率良く身体を動かすコツが学べます

●筋肉が出す力の連鎖を作れるようになります

●ラクに走れる身体の仕組みが学べます

●怪我をしにくい身体を目指せます

●エネルギー切れを起こさないコツを学べます

 

 

BEST styleは

身体の動きの改善栄養の指導・相談を通じて

身体の内面と外側からトータルサポートをしていきます!!

☆レッスンには、一般のお客様だけでなく、運動指導者、栄養関連、教職者、学生さん様々な方のサポートをさせて頂いております

☆名古屋市内、刈谷市、西尾市、半田市、春日井市、東海市、本巣市、中津川市、多治見市、四日市市からお越し頂いております

☆トレーニングのサポートの他に、栄養の個別相談も受け付けています

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:070‐5333‐0774

メール:best.style758@gmail.com

体験レッスンも受付中です!!
コチラをご覧ください
 

スタジオへのアクセスはコチラ

スタジオまでの地図です

地下鉄でのお越しの際の道順です

その他、ご不明点はお問い合わせください

 

 

ご連絡方法

コチラのメールフォームが便利です
https://ws.formzu.net/fgen/S63047588/

電話:070‐5333‐0774

メール:best.style758@gmail.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BEST style BLOG

CATEGORY

ARCHIVES

PAGE TOP